首輪かハーネスか

『プリン』は、飼い主さんのところに来たときから、一度も首輪を着けたことがありませんでした。ショップの店員さんから「チワワだったら、ハーネスですよ」と勧められたからだそうです。私にはその理由がよくわかりません。

ハーネスは、もともとソリや荷車を引く犬たちに着けられていたもので「なるべく犬の体にかかる負担を少なくして、最大の力でソリや荷車を引っ張れるように考えられた道具」です。「犬」を「プリン」、「ソリ」を「飼い主さん」に置き換えると、「なるべくプリンの体にかかる負担を少なくして、最大の力で飼い主さんを引っ張れるように考えられた道具」ということになります。

つまり犬は、心地良く飼い主さんを引っ張ることができ、結果、思い切り引っ張ることを学習するのです。

プリンのお散歩レッスンの日、「首輪がないのでハーネスでお願いします」と飼い主さんからリードとおそろいの柄のハーネスを差し出されました。私としては、犬を飼っているのに首輪がないということが理解できなかったのですが、時代なのでしょうか、最近ではショップの店員さんや獣医さんがハーネスを勧めているそうです。お店によっては、首輪よりハーネスの方が品ぞろえが多いところもあるそうです。

首輪=苦しい、と考えている人が多いようですが、それは「引っ張らせてしまうから」苦しいのであって、引っ張らない犬にとっては首輪はとくに苦しいものではありません。飼い主さんは、引っ張らないように歩くことを愛犬に教えるべきだと思います。

ハーネスによるお散歩レッスンは、私にとっても初めてのチャレンジでした。案の定、プリンはあっちへこっちへ行きたいほうにフラフラ。多少ハーネスを引いたくらいでは、こちらのメッセージは全然伝わりません。

強く引いてみても、心地良きそうにリードの先で四肢を広げて、まるで亀のようにぷらさがる程度です。これでは、正しい歩き方を教えられそうにありません。

さすがに飼い主さんもその状態を見て急ぎょお散歩のコースを変更し、ペットショップで首輪を買うことに。幸い同じ柄がありました!

早速着けてみると、最初は首輪に慣れていないので大抵抗。まさにまな板の上で暴れるウナギ状態でした(笑)。しかしやはりまだ子犬です。5分もしないうちにあきらめました。犬を何かに慣ら歩作業は、本当に小さいころから始勧るべきだと実感します。

あきらめてからは、さっきまでのプリンとは打って変わって、まるで別犬のように素直にズタズタと歩き始めました。「あー、びっくりした。何だー、こうやって歩けばいいのね」とでも言っているように、じつに上手に歩き始めました。やはりお散歩レッスンは首輪に限る」と確信した瞬間でもありました。

あまりの変身ぶりに飼い主さんも驚き、そして大喜び。本当にうれしかったようで、そろそろレッスン終了時間だというのに、勝手にズタズタ歩き出し、なかなか戻ってきてくれませんでした。

のどに不具合や持病などがある場合や老犬には、ハーネスのほうが体にやさしいかもしれません。ただ、引っ張って苦しそうだからという理由でハーネスにしてしまうと、よけいに引っ張る癖がついてしまうので気を付けてください。首輪が苦しいのは、引っ張らない歩き方を教えてあげなかったからで、首輪そのものが苦しいわけではないのです。

自分の理想の歩き方を教えて、それを上手に導いたら、人と犬は上手に歩くことができるようになります。チワワの散歩のしつけ方については https://xn--08jl3b8yuha.jp/ が参考になります。歩調を合わせて歩めるひとりと1頭は、これからの人生もうまく付き合っていけることでしょう。これも犬の話です(笑)。